識名園

識名園 世界遺産♪琉球王家の別荘

琉球王家の別荘としてつくられ、王家の保養や中国からの使者冊封使(さっぽうし)を迎えるのに利用されていました。
1975年から20年にわたる整備工事で今日の姿に復元され、2000年に世界文化遺産に登録されました。
池の廻りを歩きながら景色の移り変わりを楽しむことを目的とした「廻遊式庭園 (かいゆうしき庭園)」「心」の字をくずした池の形(心字池)を中心に、琉球風御殿や、築山、花園などが築かれています。
池には大小のアーチ橋がかかり、池に浮かぶ小島には中国風の六角堂が建てられるなど中国の影響を見ることもできます。

観光地名称

識名園

1

1

1

1

1

1

観光地住所
沖縄県那覇市字真地421-7
駐車場
あり
入場料
個人: 大人【400円】 小人(中学生以下)【200円】、 団体: 大人【320円】 小人(中学生以下)【160円】
営業時間
4月1日~9月30日 9:00~18:00(入場締切17:30) 、10月1日~3月31日 9:00~17:30 (入場締切 17:00)
車で行くとき~
那覇空港から車で約15分 最寄の那覇ICから3分
バスで行くとき~
識名・開南線#2、松川新都心線#3、識名・牧志線#5 識名園前バス停下車、徒歩約5分
バスロケーションで検索=>那覇・琉球バスロケーション
モノレールで行くとき~
首里駅下車、タクシーで10分